FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
環境省の報告書(6月18日)
2008 / 06 / 20 ( Fri )





6月18日環境省は、地球温暖化について、①現在の日本での影響、②今後10~20年の被害予想、③対応策、について報告書を公表しました。

環境省・地球環境局長諮問委員会「地球温暖化影響・適応研究委員会」(座長・三村信男茨木大教授)報告書「気候変動への賢い適応」 (環境省ホームページ)

報告書は、「わが国でも既に温暖化の影響が現れている。特に今世紀に入って以降、影響は急速に現れている。」とし、今後「いっそう大きな影響が予想される。」と指摘しています。

以下、同報告書の「これまでに観測された影響」を列記します。

・ 異常高温日は、30年前と比べ5.8倍(最近の数年の傾向)。
・ 東北や北陸で胴割粒(亀裂の生じた玄米)の発生
・ 東北以南で白未熟粒(白濁した玄米)の発生
ミカンの浮皮症
・ 果樹、野菜について、9割の都道府県がすでに温暖化の影響と考えられる影響が出ていると回答している
ブナ林の衰退、里山でのマツ枯れ
冷水魚の分布縮小
サンゴの白化
集中豪雨の増加10年平均で、30年前に比べ発生数が1.5倍に増加)
熱中症の増加(10年前に比べ、3倍に増加。07年に17政令市で5000人の患者。過去最高)
テング熱を媒介する蚊(カ)の分布拡大、東南アジアから新たな日本脳炎を媒介する蚊の侵入。

報告書は、「予想される影響」として
ごく近い将来の「農・漁業での甚大な被害拡大」「台風の大型化などによる災害の増加」「熱中症や感染症などの健康被害の拡大」などをあげ、その対応策を提言しています。

 


 


2007年の地球の平均気温は14.73度と観測史上2番目の高温でした。
(1番高温だったのは、2005年の14.76度)

1970年代の地球の平均気温は、14.02度。
1980年代の地球の平均気温は、14.26度。
1990年代の地球の平均気温は、14.44度、です。
            (NASA・ゴッダード宇宙研究所)


*ちなみに、ゴッダード宇宙研究所のジェームズ・ハンセン所長は、「米政府は、情報を国民に誠実に知らせていない」と、米国政府を批判し続けています。
 

今回の環境省の報告書であげられている様々な現象と温暖化の関係はさらに研究の必要があるでしょう。
ただし、温暖化が急加速している以上、「温暖化を前提とした対応策を急ぐ」必要は、確かにあります。

ただし、問題は、これらが対処療法にすぎない、ということです。

木材の消費の8割を輸入に頼る、森林資源輸入国・日本。
日本社会のあり方の転換が求められているのではないでしょうか?



スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

16 : 26 : 11 | 地球温暖化「今何が起こっているか」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<サンゴの白化が意味するものは? | ホーム | ホッキョクグマは絶滅する?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kannkyouk5.blog116.fc2.com/tb.php/8-d3551161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。