FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
海面は上昇する?
2008 / 06 / 16 ( Mon )
温暖化で、海面の水位が上がるって本当でしょうか?

先日テレビを見ていたら、ある評論家が 「コップに氷を入れて、水をこぼれるぎりぎりまで注ぐでしょ。氷が解けたときに水はあふれ出しますか?あふれませんよね。こんなことは常識です。温暖化で海面が上がるなんてウソです。」 と言っていました。

いまだにテレビでこんな発言が堂々と流れるのか、とちょっとびっくりしました。

世界の海面水位・・・過去140年
海面水位


たしかに海に浮かんだ氷山が、溶けても海面は上がりません。
そもそも、「氷山が溶けて海面が上がる」と言っている科学者・専門家は いません。
海面上昇の原因は別にあります。

海面の上昇は、海水温が上がることで起こる「海水膨張」と、陸の上の「氷床や氷河、氷帽などの融解」(陸上にある氷がとけて海に流れ込む)によって起こります。

この100年で海面は17cm上昇しましたが、要因としては、「海水膨張」が約60%、「氷床、氷河などの融解」が40%弱です。

グリーンランドの氷床の融解が心配されています。
グリーンランドは、面積は日本の約6倍。その85%が氷床で覆われています。
氷床の平均高度は2100m。最大の厚さは3411mです(富士山並み!)。
この20年で、氷床の表面が融解している面積が16%も拡大しています。
もし、グリーンランド氷床の全てが溶けたら、海面は7m上昇します
南極の氷床が全て溶けた場合は、60m上昇です。

ただ、コロラド大学の極地・高山研究所の発表では、
現時点では、氷床よりも、山の斜面などに万年雪が圧縮されてできる「氷河」や、高山の山頂付近にある「氷冠」の融解が、海面上昇の要因としては大きいようです。
この10年ほどでアフリカのキリマンジャロ山の氷冠、アンデスやヒマラヤなどの氷河など、世界中で氷河や氷冠の融解・縮小が観測されています。
現在の海面上昇の寄与度は、
・ グリーンランド氷床の融解・・・28%
・ 南極氷床の融解・・・12%
・ 氷河、氷冠の融解・・・60%    です。

では、海面が上昇するとどんなことが起こるのでしょうか?

IPCCは、今世紀中に1m近い海面上昇の可能性があることを指摘しています。
1m海面が上がった場合、
マーシャル諸島、ツバル諸島、モルティブ諸島、フィジー諸島などは水没するか、居住不可能になります。
バングラデシュでは、国土の18%が海に沈み、エジプトやナイジェリアの河口デルタ地帯が水没します。バングラデシュで1300万人、エジプトやベトナムでは1000万人近くが移住しなければならなくなります。
人口密度が高く、穀倉地帯でもあるこれらの低地デルタ地帯が沈めば、大量の難民と飢餓が広がります。

危険にさらされる大都市は、
カルカッタ(インド)、ジャカルタ(インドネシア)、東京・神戸・大阪(日本)、上海・天津(中国)、カラチ(ナイジェリア)、バンコク(タイ)、ブエノスアイレス(アルゼンチン)、リオデジャネイロ(ブラジル)、NY・ロサンゼルス(米国)、などが指摘されています。


日本では、1mの海面上昇で、410万人の居住地が海抜以下となります。(面積は2339平方キロです)

1m海面上昇したときの、海抜以下地帯・・・東京付近
海面上昇 

1m海面上昇したときの、海抜以下地帯・・・大阪付近
海面上昇 関西


海は膨大ですから、海面上昇は、気温上昇のスピードに比べてゆっくりですが、その影響は深刻です。






スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

16 : 56 : 30 | 地球温暖化「今何が起こっているか」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ホッキョクグマは絶滅する? | ホーム | IPCC 第4次報告書>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kannkyouk5.blog116.fc2.com/tb.php/5-c5664d8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。