FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
温暖化で地球はどうなる?
2008 / 06 / 11 ( Wed )
このまま地球が温暖化すると、地球はどうなるのでしょうか?
英国「インディペンデント」紙は、2007年2月3日に次のような予測を発表しました。

現在からの気温が、

2.4度上昇 → 地球上の生物種の3分の1が絶滅

3.4度上昇 → 北極海の氷がなくなる。熱帯雨林は砂漠になる

5.4度上昇 → 海面は70m上がる。 食糧供給は世界で尽きる。

6.4度上昇 → 海底からメタン・ハイドレートが大噴出し、海など全ての水が蒸発する。地球上のほとんどの生物種が絶滅する。


 現在から6.4度の気温上昇。
  これが、人類とあらゆる生物種の絶滅の気温です。

メタン・ハイドレートは、海底や地中に氷のような状態で眠っています。
それが温暖化で少しずつ噴出し始め、やがてメタンによる温暖化が温暖化を呼び、大噴出となるのです。

  地球上の全ての水が消えてなくなる「全球蒸発」です。

 地球の歴史では何度かメタン・ハイドレートの噴出で「全球蒸発」が起こっていて、生物種はそのたびに途絶を繰り返しています。
 そして今度は、人間の経済活動が「全球蒸発」を引き起こそうとしているのです。

 では、温暖化はどのくらい進む可能性があるのでしょうか?
 下の図は、「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)の予測です。


地球の気温はどうなるの?


1000名もの世界中の学者が参加し、全世界の観測所・研究所などの数万件におよぶデータから解析されたIPCCの予測は、

100年後(2100年)の気温は、
      現在より、1.1~6.4度 の上昇、です。

    ただし、ほんとうの上限値は、6.4度ではありません。

IPCCは、この予測値について
 「気候-炭素循環のフィードバックの不確実性を含んでおらず、・・・上限と理解されるべきものではない」としています。
科学的なデータに基づく、科学的な予測ですから、確実といえない部分については、あえて削除して予測せざるをえないのです。

 つまり、地球の平均気温が
  あと1度上がっただけで、「全球蒸発」への暴走が始まるかもしれないのです。

・アラスカやシベリアの永久凍土の融解によるメタンの放出、
・森林の立ち枯れ、森林火災、砂漠化、
・海の酸性化(サンゴの死滅などで海水が酸化、大気中の二酸化炭素を吸収しなくなり、放出する側に回る)
  など、
「暴走」を産み出す時限爆弾はいくつもしかけられているのです。
地球はすでに危険な状態に入っています。
スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

09 : 40 : 56 | 地球温暖化「今何が起こっているか」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<IPCC 第4次報告書 | ホーム | 温室効果ガスは急増している>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kannkyouk5.blog116.fc2.com/tb.php/2-34f1c693
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。